オリンピックは菅義偉の夢を見るか?

2021年05月15日

病院に貼られたメッセージ

↑上の写真は、東京都立川市「立川相互病院」のもので、窓には「医療は限界 五輪やめて」といったメッセージが貼られています。

 個人的には、東京オリンピックを開催して欲しい派ですが、中止を求める署名や声が日増しに多くなっています。確かに、

東京五輪を開催すれば、東京を中心に新型コロナウイルス感染者が増えるリスクは拭い去れません。

 以下は抜粋ですが、と前置きします― 専門家からは「五輪中止すべき」の声が圧倒的だ。「感染力の強い変異株の拡大を防ぎ、医療崩壊をさせないためには一刻も早く五輪中止を決めるべきです。そうすれば医師や看護師を五輪のために動員する必要もなくなるし、五輪指定病院のベッドも感染者のために使うことができる」  「菅首相は五輪開催に政治生命を懸けており、丸川五輪相や橋本会長はそれに従うしかない。そんな状況で中止を決断する動機と権限を持つのは都民の健康、生命に責任を負っている小池氏だけです。小池氏は五輪を開催して感染拡大すれば全責任を押し付けられる。それを防ぐには中止宣言でぶち壊すしかない」という ―

主な変異株

 ちなみに、オリンピックを開催するか中止するかの決定権は、開催国ではなく、IOC(国際オリンピック委員会)が権限を持っていると契約で定められている、らしいです(モヤさま風に)。

 「ワシントン・ポスト」が東京オリンピックの開催について、日本政府に中止を促す記事を掲載しました。そうそう、「ぼったくり男爵」というフレーズで報じらたアレです。以下はその引用ですが―

 「フォン・ボッタクリ男爵、別名トーマス・バッハIOC会長とそのお供の者たちには悪癖がある。それは自分たちをもてなすホストに大散財をさせることだ。まるで王族が地方にお出ましになったとき、そこの小麦が食べ尽くされ、あとに残るのが刈り株だけになるときのような話だ。日本国民の72%が、このパンデミックの真っ只中に国外から1万5000人のアスリートや五輪関係者をもてなすのは嫌であり、乗り気になれないと言っているのだ。それなのに五輪マスト・ゴー・オンと横柄に言い張れるIOCの神経はいったいどうなっているのか。
 その答えは、IOCの権力の源泉であるオリンピックの開催都市契約にある。これはIOCがいかに高圧的な組織であり、なぜ五輪開催都市が深刻な負債を抱えることになるのかを明らかにする文書である。」

バッハ会長

 「IOCが過剰を奨励するのは意図的だ。凝りに凝った施設やイベントを義務付けるのは収入のためだ。その収入の多くがIOCに入り、コストのほうは丸ごと開催国にダンピングされる。資金繰りも開催国がすべてを担う。IOCは大会のサイズとデザインの水準を設定し、開催国に、どんどん向こう見ずに大金を投じるように求める。その一方でライセンスの利益や放映権料はしっかり握って手放さない。東京五輪の当初予算は70億ドルだった。いまはその4倍だ。」

 うーん‥ただでさえ、長引く新型コロナウイルスの影響で疲れ切っているのに、ショーヘイ(大谷翔平)のニュースだけでは、東京五輪のない、他のお祭りも軒並み中止の、ひたすら暑いだけの夏を乗り切れない、ような気がします、個人的には。

 気が滅入るので明るい気分になれるような画像を貼っておきます。最近は、高度経済成長期あたりの映画とか音楽とかビジュアルにパワーを感じます。おお、きてますきてます。

マラドーナさん

ザ・タイガースさん

トラさん

不良番長さん

55号さん

クレイジーさん

もういっちょ不良番長さん

もう一回マラドーさん